【検索システム】の概要

【Sys_search 検索システム】


・ユーザ様のご契約サーバの仕様によっては、ご利用いただけない場合がございます。
 詳細は、ご契約サーバ先をお知らせいただければ、お答え致します。

・ユーザ様のご契約サーバの仕様を鑑み、弊社のサーバをご利用いただき、データの編集作業等を実施後、出来上がったサイトデータを、ユーザ様のサーバに転送するシステムでの運用でございます(レンタルシステムなので可能です)


ただ、ご契約サーバーの仕様によっては、弊社システムをご利用いただけないこともございます。ご了承下さい。

 
 
システム導入の前提条件 Ver.1.15(2017/1/1 現在)   Ver.1.25(2018/10/17 現在)
php Ver.7 以降必須  ~Ver.7.2.6
Mysql Ver.5.7.x が望ましい(システムご利用パーツに依存【注】)
文字コード UTF-8 必須(HTMLは、shift_jisでも可、UTF-8でのアップロード)
HTML HTML5 が望ましい
CSS CSS3 が望ましい
SSL環境 必須(2018/2/1以降は非SSLでの申し込みを受付致しておりません)
【注】登録件数が500件を目途にSQLを使用し、他はFileを使用
システム詳細 (以下のディレクトリとファイルは、システムが使用します。同じ名前がないかご確認下さい)
ディレクトリ名 sys_search (データベース(以下DBと記述)作成&検索システム)
設置場所(サーバー上の) ホームディレクトリへのセット(階層変更は不可)
システムが自動作成するファイル(ホームディレクトリへ自動作成) index.php  (ホームページ)index.html は、ホームディレクトリから外す。
 Wordpress利用時は、ホームディレクトリの index.php を index_wp.php にリネームする。
 そうすることで、ページパーツ取り込みの base_index.html の代わりにWordpressの最新トップページの内容を使用できる。
 ページパーツの「start、end」は、wordpress にセットするようにユーザに連絡する。
index_2.php  (index.php内での1アイテム分(繰返し用)
search2.php  (詳細検索)
search2_2.php (検索の詳細表示・繰返し用)
kakunin.php  (編集画面の出来上がり確認用)
search_area.php、search_area2.php、search_map.phpl、base_index_kakunin.html
上記標準以外のユーザ要望のPHPファイル追加は 有償設置
CSSの id名、class名の制約 システムが使う id、class 名は、頭に「sys_」を付けています。




 

検索システム設置サーバー<動作状況>
検索システムを設置するサーバーの動作状況について掲載いたします。
検索システムの導入を検討される場合は、ご参考ください。
導入に際し、問題発生のサーバはございません 2018/10/17現在
   
   
   
   






Copyright(C) 2008 - 2018 CROGO. All rights reserved    v7.2.6

▲ページトップへ